人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
蜘蛛柄
蜘蛛柄の続きをやる。 ざくざく描けてたのしい。うう。
何も考えず、太いチャンティンでロウ描きするこの楽しさよ!

蜘蛛の顔の部分をどうしようか迷って、今日は手をつけないことにした。

BGMは頭のなかで”プカプカ” という曲。
先週行った旬屋(石橋の飲み屋)のちゃんさん(マスター)が歌っていた曲。
歌詞がステキすぎて頭から離れない。
一番好きなフレーズは
♪あんたがあたいの ねた男たちと
夜が明けるまでお酒のめるまで
あたい男やめないわ
HuHuHuHuHuHuHuHuHu♪
# by tomo_kodama | 2007-08-29 23:12 | バティック/もの作り
いろいろやりたいんだから、しょうがない。
染め上がったスカーフの端の処理について、手でまつる巻き縫いのことを調べていた。
あるサイトへ質問をなげかけたら、とても丁寧な回答をいただく。
ありがたいことだ。
うれしいことだ。

インターネットってすばらしい、とまるでネットを使い始めたばかりの人のように思う。

今日は今日でロウ描きをしたくって、新しいの(バティック)を少しはじめる。

まったく、やりかけの物が多すぎる。
10年以上ぶりに再開した、編み物。
洋裁部門では、リネンのパンツと、バティックのブラウス。
バティック部門では、ストールと、今日ロウ描きをはじめた手ぬぐい。
そういや、読みかけの本も2冊。

手作業の方へパワーが向いてて、料理をする気にちっともならないので、
先週末は外へ食べに、近くの飲み屋さんへ。
土曜日の夜はとっても特別で、音楽やってるお客さんがガンガンあつまり、マスターのチャンさんも、ギター弾き鳴らして、歌って。
あ~楽しすぎて、会社にいてもチャンさんが歌った歌が頭のなかでぐるぐるしてて、とても仕事どころではなかった。

明日はちゃんと働こう、そして、明日はタブラのレッスン日。 
# by tomo_kodama | 2007-08-27 23:47 | バティック/もの作り
色の組み合わせ
昨日仕事から帰ったら、サンダルが届いていた。

そして、先日京都の古本市でかった本。表紙にひかれて買った本。

このトーンの組み合わせは私の色のつぼどころに入るようで、
昨日から緑とオレンジ、もしくはダイダイ色、柿色、の組み合わせについて
考える。

某スーパーのロゴマークは緑とオレンジ。某ガソリンスタンドのロゴも緑とオレンジが基調になっている。けれど、どちらも好みとは言いがたい、と今朝バスに乗っているときに気がつく。

柿の葉と実も、これもずばり、緑と柿色だけど、ちょっと違う。なぜか、は思い当たる理由がある。けど、それはまた別の機会に。

今日はさっさと仕事から帰ってきてあれこれやっていたけれど、あっと言う間に消灯時間がきてしまった。ナポレオンみたいなわけにはいかないので、もうバッテリーがきれつつある。

c0133854_23474440.jpg

# by tomo_kodama | 2007-08-23 23:48 | その他
盆踊りへゆく
かねてから誘われていた盆踊りへ行ってきた。
誘ってくださっていたのは、タブラの先生。

いつもレッスンで見せてもらっていた常連の踊り子さんを生で拝見。
そして私もみようみまねで踊ってきた。

汗だくで、髪の毛もふくもべたべた。

帰りの電車、窓ガラスに写った自分の顔がなんだかいい顔になってた。
うれしいときの顔だ。

もしかして踊ることがすきなのかも、と思ったのは友人たちと行ったタイのカラオケスナック(!)で、知らないお客さんとみんなで踊ったとき。 そういえば一緒に踊っていたおっちゃんに「あんた、本当に日本人か? タイ人じゃないのか? あんたのココロはタイみたいや」って踊りながら言われた。そのおっちゃんが、なにをもってタイ人のココロと言ったのかは不明だけれど、なんだかそれがうれしかったことを思い出した。 

そういえば、両親も社交ダンスを熱心にやっている。
これは血なのかもしれないな、と帰りの道々思った。
# by tomo_kodama | 2007-08-22 00:07
読書とロウ描きと洋裁
本日の主な活動は、読書とロウ描きと洋裁。

いしいしんじさんの「ポーの話」
オーガンジーストールのロウ描き。
バティックの生地でノースリーブのブラウス。

今日のなかで一番ぐっときたは「ポーの話」。
「すぐそばにいないことは、悲しいことじゃない」
ぐるぐるとこの言葉の意味について考える。

「ポーの話」は読んでしまい、ロウ描きも一通り終わる。
ブラウスの続きは次の洋裁教室でやるとしよう。

図書館で手芸の本2冊と高山なおみさんの「フランス日記」を借りる。
ゆっくり読もうと思う。

ブラウスにするのはイリアンという名前の柄のバティック。この柄を描いていたおばあちゃんはもう亡くなった。おばあちゃんの描きかた、のびのびと勢いがあって、それでいて楽しげで。
私のバティック的目標はあのおばあちゃんかな、と時々思う。

c0133854_2334182.jpg

# by tomo_kodama | 2007-08-19 23:37 | バティック/もの作り