人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
映画と男の香り
どうしても観たい映画があって、梅田まで足を運んだ。
「白夜」1971年制作のフランス映画。

まばらな客席。
シートに身をうずめるようにして観る、大きなスクリーン。フランス語の響き。きれいな女優とさえない男優。それとは対照的にすごくうまいギター弾き。

10年以上も映画館に行って映画を観るなんてことはしていなかったのに、数ヶ月前にいく機会があってからは、やはり映画を大画面で見るのはいいなぁ、と自分の中で今おだやかな映画ブーム。

映画から帰ってきてから、ずっと男の匂いがしている。
こないだは、かばんの中から。
昨日は寝室にしている部屋の鏡の前。
映画を観たせいじゃなかろう。でも、その匂いをかぎつけるたび、頭の中が?でいっぱいになりつつも、くんくん、くんくん。

さっきは、ゴミ箱の中から!!!
なぜだろうと思いながら、ゴミ箱をあさってしまう。
鼻をかんだティッシュ。抜け落ちた自分の髪の毛。ちょっとげんなりしながら、でも男の香りは今日はゴミ箱から漂う。
と、男の写真が印刷された小さなカード。映画の帰りに立ち寄った百貨店で渡されたブルガリのカード。そこまできて、やっと気が付いた。この男の発する匂いだったのだ。
香水が染込まされているとも知らず、ブルガリの宣伝ボーイの香りに、ここ数日クンクンと犬のようになっていた私であった。

ゴミ箱からブルガリボーイを救出し、やはりゴミ箱へ戻そうか迷って、迷いながらテーブル上に彼を乗せた。
by tomo_kodama | 2012-12-26 22:53 | その他
にんじんケーキ
何かを作りたくなったら、居ても立ってもいられなくなる、という性分はずっと昔からで、そういう時は、とにかく作る事が一番の薬です。

先日の作りたい症候群は、にんじんの入ったパウンドケーキでした。
実家からおいしそうなにんじんをたくさん送ってもらったのがその発端と思われます。

意気揚々と作ったものの・・・オーブンの中で、膨らんで、はじけて、型からあふれ、見た目はちょっとワイルドな感じ。しかし、その不恰好なにんじんケーキはバティック教室のお茶の時間のおやつとなりました。

「今日は特別に生クリームも添えまぁす」と、私。
「わぁい」とうれしそうな声はどの生徒さんだったか。
(やっぱ、生クリームが嫌いな人はあんまりいないよなぁ)と、心の中で私。
「アメリカ的ですねぇ」と別の生徒さん。
(生クリームでごまかそう、ってのばれちゃいましたか。ちょっとパサついちゃったのよね~)と、心の中で反省。


そういう訳で、しばしばバティック教室は私のおやつ作りの実験台と化しています。
もう1回レシピを改良して焼きなおしたいなぁ。次回もにんじんケーキだったら、さすがに生徒さんにあきれられるかしら・・・ね。
by tomo_kodama | 2012-12-17 22:23 | バティック教室
「茨城のり子の家」 茨城のり子
茨城さんのかっこいいポートレイト。

寝る前に布団にもぐってそのポートレイトに見入る。

タバコをくわえている写真なぞ、たいそうかっこいい。そして聡明。

詩を読むことで私が勝手に想像していた彼女のイメージがあり、その勝手な想像をちっともうらぎらない実際に暮らしていた家の様子。

しばらくはこの本が寝る前の子守唄。
by tomo_kodama | 2012-12-05 21:54 | 本を読む
自転車に乗って
11月、まるっと1ヶ月インドネシア人の女友達がウチに居候していました。
ジャワでゲストハウスを営む彼女は2ヶ月の休暇をとって日本・フィリピン・中国を旅するのだとか。

滞在中はほとんど毎日のように、私の自転車であっちへ行ったりこっちへ行ったり。
といっても、半端な距離ではなく、北は京都から南は天王寺まで、今までになく私の自転車は有効利用されていたみたいです。

で、そんな彼女に刺激を受けて私も行ってみました。
大阪市内、本町近くのギャラリーシェルフさんの企画へえっちらおっちら自転車に乗って。

御堂筋のイチョウのきれいなこと。
梅田界隈の人の多さ。
いつもは電車から眺めている風景がすぐ目の前にある驚き。
もちろんギャラリーでの展示も拝見する価値のあるすばらしいものでした。
(が、自転車で帰らなきゃという思いが強かったのか、いまひとつ見足りない気持ちも。もう1回行きたいくらいです)

ゆっくり行って、ゆっくり帰って、片道約2時間。いや~、自転車にのるって楽しいわ~、と帰宅したのですが、台所の椅子に座ったとたん、それは疲れに変わりました。
もう、何もできない。放心状態。冷蔵庫中の食べられそうなものを順番につまみ、消灯時間は19時半。友人が夜中に“チーズバーガー”を買ってきてくれたのが、神様のように思えました。
もうマクドナルドを馬鹿にすることはやめよう。


一晩たって、疲れもとれた今日の考えは「体力つけて、自転車で遠征、またやりたい。」
by tomo_kodama | 2012-12-03 21:51 | その他