人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ふるやのもり
先日のバティック教室の最中のこと。
外がみるみる暗くなり、風が吹き出し、そのうち大雨が降ってきた。
そうこうしていると、頭の上でポツッ、ポツッと聞こえるべき音でない音が響いている。
どうやらウチの家、雨漏りしているもよう。

頼りになる教室の生徒Hさんが、椅子にのぼって天井を触ってくださり「しめってますねぇ」。
Tさんは「写真撮っておくといいですよ」とアドバイス下さり、私は天井のシミをカメラに収めた。

これ、一人で家に居て雨漏りが発覚したら、ちょっとしんみりするなぁ。
皆さんが居るときでよかった、と変な安心感。
その後ロウ描きをしながら、Hさんの民話「ふるのもり」のお話のオマケも。

皆さんおしゃべりで、いえいえ、お話し上手で、私は教室の最中笑ってばっかりです。
by tomo_kodama | 2012-08-24 21:25 | その他
苔と鶏
ちょっといい水筒を買ったので、アイスコーヒーを詰めて“山のほう”へドライブにいった。山のほうへ行くことを「緑の中へ、ズコーン」と言う。

お目当ては山の空気と苔。わたしの猫の額ばかりの庭に少しずつでも苔を増やしたくて、田舎の方へ出かける度にちょっとずつ苔をもらってきては、庭に置いている。(苔って
“植える”という風でもないし、むしろ“そっと置く”感じ。ぴったりの動詞は何だろうか。)

山沿いの道を走ると苔なんてどれだけでもあり、シダやアジアンタムみたいな私の好きな涼しげな日陰の植物もたくさん目にする。しばらく走った後、山壁を覆うようにふんわりと生えている苔を発見。その一部を頂くことにした。
ふわふわで、やわらかな緑の苔。これこそが求める苔の姿ぞ、と見事な苔に見とれていると、道の向こうから鶏の声。そこには2羽のオスの鶏。闘鶏用の鶏のような、体格のりっぱな鶏だ。鶏がいる同じ敷地内には家もあるが、人が住んでいるようにも見えない。人の気配を感じて鳴いているのか、2羽は逃げることもなくあの家の敷地に住んでいるのだろうか。主人に見捨てられてしまったんだろうか? えさはどうしているんだろう、半野生化しているのだろうか。

いろんな考えがめぐったけれど、苔採集はなんなく終わったので、鶏に別れを告げてその場を去ることにした。

あの2羽、今日も元気にやってるかしら。夏休み最終日、苔と鶏の一日。
by tomo_kodama | 2012-08-17 23:11 | その他
保存食
ちょっと早起きした朝、トマトのピクルスを作っておいたことを思い出して食べてみた。

研究が必要な味だったけど、見た目のかわいらしさはぴか一。

ビンに野菜をぎゅっと詰込んでピクルスを作ったり、果実酒をつけたり、庭のハーブを乾燥させたり。そういったちょっとした作業は手間などころか、大好きなんだと、最近自覚。

保存食_c0133854_22173585.jpg

by tomo_kodama | 2012-08-08 22:20 | 食べる飲む