人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
デイビットさんのこと
デイビットさんは取引先のドイツに居る担当者である。小柄なイギリス人。
イギリスの、寒くってじめじめしたところの出身だ、と言っていた。
3人の男の子のお父さん。
男の子たちはまだ小学生くらいで、家の裏の森には「ツリーハウス」がある。
一度カラーコピーを送ってくれたことがあって、それはそれは本格的なツリーハウスだった。子供のころ、大きな木の上に自分の小さな小屋を持つことをかなり憧れていたので、その男の子たちを私はとてもうらやましく思う。

さて、デイビットさんに電話すると、いつだってとても疲れた声で、「とっても忙しいんだ」とか、「睡眠不足なんだ」という。
本当にいつも息もたえだえな声。

今日もやはりそうだった。
日本時間の夕方、ドイツ時間の朝なのに、くたびれてヨレヨレな声。

一通り用件を伝えた後で、
「Have a good day!」 と言ったら、少し驚いた様子で、声のトーンを3度ほど上げて
「You too」とゆっくり返ってきた。

その声のトーンとスピードから、「good day! 」と言われたのが予想外で、でもうれしくないこともない、という空気が伝わってきて、今日デイビットさんにささやかでも良い事があるといいんだけど、と電話を置いてからしみじみ思った。
by tomo_kodama | 2010-09-28 23:04 | その他
自己防衛のための睡眠
夕べはきれいな月が見えていたというのに今朝は大雨。
それをいいことに昼過ぎまで睡眠をむさぼった。

考えなくてもしかたのないことを、ぐるくると考えてしまい始めたときに、一番いいのは寝てしまうこと。

それを自己防衛のための睡眠、と言う。

でも、だんだん外も晴れてきたし、ヨガして、夕食とお弁当の準備をしたら、ライブにでかけよう。いつまでもぐずぐずしてたってしょうがないじゃないか。

自己防衛のための睡眠_c0133854_17464443.jpg

by tomo_kodama | 2010-09-23 17:44 | その他
素焼きの鉢をもらってきた
近くのコープまで買い物に行った帰りに、「畑のおじいさん」が畑にいるのを発見。
いったん荷物を家に置いて、それから引き返して意をけっして聞いてみた。
「近くに住んでいる者ですが、ここの鉢、いただいでもいいでしょうか?」と。

「あげます」と表情を変えずに言われたので、
さっそく端のほうから5つ、鉢をとって、「これだけいただきます、ありがとうございます」と告げてさっさと帰ってきた。

あまり人懐っこい方ではないことは、不断の“観察”から分かっていたことなので、「鉢をください」というまでに何ヶ月かかったことか。いくつもいくつも畑の脇に重ねされて、使われないままもう何年も経ったのだろう、と容易に推測できる。欲しいと言えば下さるだろうと思っても、なかなか声をかけられずにいた。

しかしまぁ、なんにせよ、本日、晴れて、「あげます」と、きっぱり言われたのだ。

素焼きの鉢。低温で焼かれた鉢なんだろうと思う、園芸店ではあまりみかけない素焼きのやわらかい、したがって少しもろさを感じさせる鉢。この年月とともに少しずつ朽ちてゆく感じ。端の方がかけたり、丸くなったりしてる感じ。今園芸店で売られているものにはない感触の鉢。ようこそ我が家へ、だ。

帰ってから早速、ビニルのポットに植えていた、檸檬の苗木5本を移し変えた。
去年種をまいたら、出てきた5本。実がつくにはまだまだ年数がかかるんだろうな。我ながら気の長い話だな。
by tomo_kodama | 2010-09-20 23:11 | 庭仕事
まめまめしい一日
起きたのはゆっくりだけど、掃除して、洗濯して、脱ロウ作業。作業の途中で友人がバイクでやってきたので、後ろに乗せてもらってしばし山中を走り、帰宅して脱ロウの続き。それから自分のバイクを洗って、ついでに庭の草を引っこ抜き、その上さらに2階の部屋x2部屋の雑巾がけをした。

まめまめしい、というか、あれやこれやとモーレツな一日だった。

まめまめしい一日_c0133854_2044722.jpg

by tomo_kodama | 2010-09-18 20:51 | バティック/もの作り
やりたいことがありすぎて何もできない晩
アマゾンで買った本が2冊届き、読みかけの西加奈子さんの本はおもしろいし、新しい服も届いたから、押入れの洋服スペースも整理したいし、縦糸を張り終えたので織りもしたいし、そのBGMにとBBCのインターネットラジオにアクセスしたら、今週の"world on 3"はとてつもなくいい選曲で、結局コーヒーを入れてパソコンに向かう有様。

しかし本当に今週の"world on 3"はいい。
私の好きな国々に次々旅している。

結局何も手につかない晩。
このコーヒーがあいたら、シャワーにして、お酒を飲んでしまおう。
by tomo_kodama | 2010-09-08 21:58 | その他
逆立ちー三点倒立のこと
妹家族が来たときに、ふと思い立って三点倒立のやり方を教えてみる。

まず、私が見本。
久々にやったので1回目は失敗。でも2回めはすくっとできた。
妹と甥からの「すげ~」という歓声。ちょっと得意になる。

それから、敷いた布団をマットレス代わりにして、逆立ち講座。
教え方は、野口体操に行っていた頃を思い出して、伝えてみた。
ポイントは、いきなり足を上げようとするのではなくて、まず腰を上げ、腰骨を伸ばし、お尻をあげ・・・そうすると足は自然に上がって逆立ちの体制になる。

小学2年生の甥はともかく、妹の方はすんなり体が持ち上がる感じ。さすが日々トレーニングしてる(らしい)だけあるな。きっと今月中にも出来るようになるだろう、帰って練習する、と言っていたから。

------

2度目の長旅の最中、インドのリシケシュと言う町のヨガのアシュラムにきっかり1ヶ月滞在した。
滞在中に三点倒立も習ったが、実際にできるようになったのは帰国して3ヶ月後だった。
3ヶ月倒立の練習をしてやっとできるようになったのだ。
こだま荘の6畳一間の小さな部屋で、布団を丸めて、その布団を盾にして、なんであんなにも熱心に練習していたのか、今となってはよく分からない。

だた、ヨガのポーズのなかでも三点倒立はとても特別なポーズのような気がしていて、そして逆立ちしている人の姿がいいな、と思ったからかもしれない。

雑誌で見た、サーファーのジュディロペスの倒立している写真。藤原新也さんの撮った逆立ちするインド人の写真。

逆立ちー三点倒立のこと_c0133854_21572762.jpg


妹よ、逆立ちできるようになりましたか。
by tomo_kodama | 2010-09-05 22:02 | その他