人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
何をやめるか
あれこれとやりすぎだ、と思う。

バティックにタブラに野口体操にetc。

その上7月からもう一つ増える。

何かを削らないといけない、と思う。

洋裁はやめられない、先生には「私が死ぬまでおいでよ」
といわれている。

タブラも野口体操も、いまやめたら中途半端もはなはだしい。

バティックは最重要。

せっかく環境が整ってはじめたスペイン語は、やはり続けたい。

となると、、、と考えて、

仕事だ!  
なんと素晴らし思いつき。

しかし、仕事やめたら食ってけないなぁ。

・・・・・。

サマージャンボを買いにいこうと思う。
by tomo_kodama | 2008-06-26 23:35 | その他
ご機嫌取り
朝、むっとすることがあると、一日その "むっ"を引きずってしまう。

今日も昨日もそうだった。

気持ちの切り替えが下手である。

むっとすることに疲れることにはもうとっくに日も暮れて、ということに往々にしてなる。

帰宅するまでひきずると、
くっそー、夕ご飯にアイスクリームとシュークリームを食べてやる。
とか、
今日はもう何も食べずに寝てやる、
とかいうことになる。

今日の場合は、
くっそー、高級なウイスキーでも買って飲んでやる。
であった。

でもウイスキー買ってかーえろ~、ってなかなかちょっとうれしくて、
で、帰り道いそいそと商店街の酒屋さんへ。
結局高級なウイスキーなんて買えずに、いつもの角瓶とソーダを購入。


帰ったら、誰からの部屋から聞きなれない言語の曲が聞こえて、
その音楽に気を取られ、それからお気に入りのBBCのラジオ番組がかかり始めたころには、
今朝の”むっ”も消えていた。

今週の番組は、かなりさえている。
角瓶のハイボールもさえている。

だから”ご機嫌”の取り方は重要で、
酒と音楽、これが最近のゴキゲン取りの、安直かつ効果的な手段である。
by tomo_kodama | 2008-06-24 22:37 | その他
夏休み
夏休みをとる予定でいる。

ボルネオに行くつもりだった。

キャノピーウォーキングをしたいと思っていた。

本家でガイドブックを立ち読み。
ジャングルの中にかけられた梯子を歩く多くの外国人の写真をみた。
それでちょっと行く気がうせてしまった。

国内で、できれば山か海の近くで、バックパックに染めの道具と本とお酒をつめこんで、数日篭るなんてどうだろう。

そんな考えが頭に浮かんだら、
そのアイディアにひどくわくわくして、
そういうわくわくは、自分で仕込むのだ。

そう、楽しいことは自分で仕込むのが肝心だ、と最近思う。
by tomo_kodama | 2008-06-21 00:18 | その他
安定と不安定
先週の野口体操のテーマは安定と不安定。

不安定があるからこそ、安定がある。
安定するための不安定でなく、安定がメインではない。
安定がよくて、不安定が悪いというわけでもない。

おおざっぱに言ったらそんな感じだったと思う。

野口体操を始めたのは気持ちの安定を求めて、という一面もあるのに、
これはまた、弱い頭がこんがらかりそうな論理がテーマだった。

わからないから、当分野口体操は続けないといけない。

セイリが終わり次第逆立開始。
地球と頭をつなげ、体液を循環させ、逆立のままゆらゆらすることが次の目標。
by tomo_kodama | 2008-06-18 23:52 | その他
晴れ晴れとした気持ちで帰ってきた
昨日、一日出かけて、飲んで、夜中に帰ってくる。

ひどく晴れ晴れとした気持ちで。しゃきしゃきと歩いて。

途中でナンパされる。
石橋で2回目。以前と手口があまりにも似ているので、笑えてしまった。
そして、せっかくの晴れ晴れした気持ちをにごしたくなかったので、
適当に交わして、ちゃんと帰ってくる。

今朝、実家からの荷物が届く。
ビワ。

実だけじゃなくて、葉っぱつき。
葉っぱも入れてくれるところなんかは母の粋。

このオレンジと緑の組み合わせって惚れ惚れする。

そして、来世男に生まれた場合の、くどき文句を考える。
わたしならもっと素敵な言葉使うのに、などと思う。 

晴れ晴れとした気持ちで帰ってきた_c0133854_22461883.jpg

by tomo_kodama | 2008-06-15 22:50 | その他
29割る4、とか
最近、特に思うんだが、わたしってかなり、数字に弱い。
というか決定的に計算ができない。

洋裁教室で製図中に、簡単な割り算をすることがある、
29割る4、とか27割る2とか。

それが、頭の中で計算できない。
思わず先生に、「いくつになりますっけ?」と聞くと、
「自分で計算しなさい・・・!」。

だから、29割る4を紙に書いて計算する。
小学生の頃ならった通りに。

ちょっとまずいな、と思いながら帰ってきた。
苦手なのは奇数の割り算。
28割る2、だったら、すぐできるんだ。が、しかし、この割り算って、小学生低学年レベルだよな。

ちょっとどころか、これってかなりまずいんじゃないか、と。
帰り道、真剣に29割る2やらを考えてたら、思わずこの頭の悪さに泣きそうになった。
だって本当に頭のなかで計算しようとおもったら、すごく時間がかかってしまう。

でも、こういっちゃ何だが、今スペイン語をかじってて、
スペイン語の単語は割りとすらすら頭に入ってくる。

だから、たぶん数字をつかさどる脳の一部になにか問題が起こってるんだ・・・、そんなわけないよな。
このままだと、日常生活に支障が出そうであり、危機感を感じる。
算数ドリル、とかやったらいいんだろうか。
by tomo_kodama | 2008-06-11 23:47 | その他
麦ふみクーツェ 
夕方から、昨日のつづきで、いしいしんじさんの物語の世界にどっぷり浸かる。

「きんたまつながりの、ほんとの父親ってものはありがたいもんだよな」

という言葉が頭に残る。

夢中になって本を読む。気が付いたらすっかり涼しくなっていて、
現実に戻るために、読み終わったあと散歩に。
それから、ちゃんと料理を作って食べる。

でもまた物語の世界から抜け出せない。

もう今夜はなんにもせずに、ラジオを聴きながら、ひたひたとした気分のままでいようと思う。
by tomo_kodama | 2008-06-08 21:25 | 本を読む
使いものにならない一日、一日の終わりの読書
いしいしんじさんの「麦ふみクーツェ」を読み始めている。
はじめに数ページ目に
「いるか いないかは 距離のもんだい」
という言葉があって、どうもその言葉にわたしはひっかかってしまった模様。

いるか いないかは 距離のもんだい

ってどういうことだろう。

-----

昨日は久々にいつもの居酒屋で飲んだ、飲んだ、飲んだ。
音楽もひどくよかった。
店には一番乗りしたのに、帰ってて来るころには商店街には人っ子ひとりいない時間だった。

なので今日はまったく使いものにならない一日。
ずっと、ふわふわしていた。

明日はしゃきっと一日をすごそう。
by tomo_kodama | 2008-06-08 00:10 | その他
しずの先生のくちぐぜ
「わたしは しあわせな おんな」
しずの先生の数あるくちぐせの一つである。

「わたしは しあわせな おんな」
と言い続けて80年生きてきた人が
不幸になれるわけがない。

そういうふうに人生を送りたい、と毎週毎週洋裁教室に行く度に思う。

「あんたも、ここへ来れるんだからしあわせだよ」
と言われる。
まったくその通り。 

そして、
わたしにはしずの先生をはじめ、尊敬できる年上の知り合いがけっこういる、
それはかなりしあわせなことだと思う。
by tomo_kodama | 2008-06-05 23:42 | その他
ゆらぐ、ゆらゆら
気持ちがゆらいでいるな、と思う。

仕事のこと
バティックのこと
人間関係のこと

このゆらぎはすきっ腹に飲んだアルコールのせいではなさそうなので、
思い切って11時も回った時間だったが、ロウを暖めて、ロウ描き。

時々、何かの周波のようにおそってくるこのゆらぎ、
どうしたものか。

中心が、ぶれないように、ぶれないように、とおまじないのように思う。

それから友達に教わったおまじないも、ココロのなかで唱える。

でも本当に必要なのは根本的解決だとわかっている。
by tomo_kodama | 2008-06-04 00:02 | その他