人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
歌人、福島 泰樹という人
”放蕩児たらむ 真赤な夕焼に嘘の涙を流してやった”

図書館で借りてきた立松さんのエッセイは、福島泰樹という歌人の歌について述べられている。まだ読んでいる途中だけど、この歌、なんか思わず立ち止まった(読み止る、というか)。
なんか読み流せなくて、しおりをはさんだ。


私は放蕩児ではない。
けれど、時々放浪するので、放浪児か。
「嘘の涙」ってのもいいし、「流してやった」、というきり方もいい。

本を読んでいると、そこから派生してほかの本も読んでみたくなる。今日みたいなのは
その典型。 福島さんという方の歌集、入手してぜひぜひ読みたい。
また楽しみが増えたことだ。
by tomo_kodama | 2008-01-15 23:27 | 本を読む
<< 豚をくらう 2008年 飲み始め >>