バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
「小さないじわるを消すだけで」ダライ・ラマ14世✖️よしもとばなな
よしもとばななさんの著書の多くを読んできた。
でも最近は小説の人間関係の設定の突拍子の無さや、人が亡くなる設定が多いことにちょっと疲れて、彼女の本から少し離れていた。

このささやかなサイズの本は、彼女の考えが端的にまとまっていて、私はよしもとばななさんの事をぜーんぜん分かっていなかったんだなぁ、と思った。
もう一つ、彼女もダライ・ラマ法王も「若い人がもっと海外に旅すべきだ」という事を言っていた。それは私も常々思っている事でもあり、誰かにその事を伝えたい気持ちになった。このページだけコピーさせてもらって、甥に送ってやろう、などと思う。

それから、私が今までにしてきた「小さないじわる」をあれこれと思いめぐらせ、もう手遅れだなぁ、とやるせない気持ちにもなった。
一度口から出てしまった言葉は巻き戻しできない、と言う様な事を、信頼する友達に言われたような、それとも別の本で読んだのだったろうか。

いずれにせよ、この本を図書館の”おすすめの本”のコーナーに置いてくれた司書の人と、今日たまたまこの本に目がいった事をありがたいと思う。
c0133854_23291773.jpg




[PR]
by tomo_kodama | 2018-08-13 23:35 | 本を読む
<< 「月夜の森で」アントワーヌ・ギヨペ 「夜の木」シャーム/バーイー/... >>