人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
蜜蝋クリーム
何か作りたい、と思い立ったときに道具も材料も揃っているとちょっとテンションがあがる。昨日はそんな夕べだった。

思い立ったのは、蜜蝋ハンドクリーム作り。
道具はビーカー、木べら、はかり。
材料は蜜蝋、キャリアオイル、精油。
そしてアシスタントにインドネシア人の友人!

キャリアオイルに使ったのは随分以前にインド人の友人からもらったもの。料理用の100%
アーモンドオイル。もらった時点で賞味期限が切れていて、使いあぐねていたオイルだった。捨てようものなら、友人が化けて出そうな―常に何かに怒っている友人だった、今頃インドで平穏に暮らしているだろうか―。

蜜蝋は100%国産どころか、100%実家製。養蜂の産物だ。以前に一度漉して、丸めて「おい、みつろう!」 とすいぶん楽しんだが、第2の人生はハンドクリーム。

基本的には蜜蝋とオイルを暖めて、混ぜながら固めることでクリームになる。おお、こんなに簡単にできるのねぇ、とおしゃべりしながら、あっという間に出来上がり。早速手に塗ってみた。とても良い感じ。
「帰宅して、ささやかなことでもいいから何かしたいんだよね。道具も材料もあって、しかもうまく出来上がって、今日は満足だわ」と私。
それから、「クリーム、鼻の下にも塗りなさいな」と追加した。常夏の国出身の彼女はこの寒さに、鼻の下が切れてしまっている。
今回は道具・材料ばかりでなく、実験台も私と彼女の2名。出来上がった半分を友人にあげて、ビーカーの縁に付いたクリームはお風呂上りに手足に塗って一晩が過ぎていった。あぁ満足だ。
by tomo_kodama | 2014-01-10 00:06 | バティック/もの作り
<< 手つむぎの綿、祖母の杼(ひ) Tomo's Gues... >>