人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
藤島さんライブ~本編~
ライブ会場となる“ばんまい”の扉をそっとあけると、入口に居たおっちゃんが「いらっしゃいませ・・・」「こんばんわ」と私。
・・・この人、藤島さんだっけ・・・
がしかし、私はまた彼の風貌を知らないんだった。
ここ数年間、あのラジオ番組で聴いた1曲の強烈な印象だけが胸の内にあって、次第に頭の中で勝手に藤島さんのイメージを膨らませてきたものの、実際の写真をちゃんと見たことが無かったことに今更ながら気付く。
毛糸の帽子。グレーのジャンパー。小豆色のジャージはサイドゴアブーツにイン。ブーツは履きこまれていい具合に味が出ている。この人だろうな、でもいまいち確信が持てない。早く「すごく楽しみにして来ました!」と言いたいのに。

アルコールメニューはビールか日本酒。迷うことなく“秋鹿”をコップにもらって、さっきのおっちゃんからテーブルを1つあけて席に付く。お客さんはまだチラホラ。つまみも取らず、秋鹿をすする。能勢のお酒だったな。常温で飲むのもうまいな。わたしは少々手持ちぶさた。ぼんやりしてると、
「どうも、、、お近くからですか?」とおっちゃん。
「あ、はいすぐそこなんです」と私。
「もしかして、歩いて3分のトモコさんですか?」
「そうなんです!」やっとこのおっちゃんが藤島さんだ、と確信が持てる。

実はライブのチラシを見た数日後に、藤島さんから直接メールを頂いていたのだ。

数年前、梅田でのライブの詳細を知りたくて直接メールしたことがあった。そのライブ情報もラジオで知ったんだったと思う。とにかく、藤島さんが梅田でライブ、という事しか聞き取れなかったので、詳細を知るすべが、DJのピーターバラカンに問い合わせる、もしくは藤島さん本人に直接問い合わせるしかなかったのだ。

そのときの私のメールの記録を残しておいて下さったのか、いずれにせよ、藤島さんから頂いたメールには「“ばんまい”さんは、うちから徒歩3分です、絶対行きます。」と即効返信をして、待ちに待った昨日のライブ、というわけだった。

実際の藤さんはとってもおちゃめな53歳。そしてまた「トモコさんですか」と名前を覚えていてくれた。高感度大。
その後、少し藤島さんとおしゃべりさせてもらって、ライブが始まった。

藤島さんの歌とギター、いいんだな、これが。座って聴くのがもどかしくて、後半は自ら立ち見。スイングしたいのだ。あぁ最高だった。

家に帰って、買ってきたCDのライナーノーツを読んで思った。(ちなみに、ピーターバラカンが書いている)藤島さんの生き方が音楽に出てるんだ、ってこと。それがわたしの心をぐうっと掴んだんだってこと。ちょっと放浪癖のある人に惹かれるんだよねぇ。音楽にもそれが出ちゃうんだよねぇ。私はそれを嗅ぎ取ってしまったんだなぁ。たった1曲聴いただけで。ビバ、私の耳!

さぁ、さぁ、今度は高知へ。藤島さんの営むカフェへコーヒーを飲みに。
by tomo_kodama | 2010-11-29 20:16 | その他
<< つながり。 藤島さんライブ~プロローグ >>