人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
一人は賑やか
ここのところのお気に入り、茨木のり子集 「言の葉」。

一番のお気に入りは「一人は賑やか」と言う詩。

“一人でいるのは 賑やかだ
賑やかな賑やかな森だよ
夢がぱちぱち はぜてくる
よからぬ思いも 湧いてくる
エーデルワイスも 毒の茸も”


こんな風に始まる詩。

よからぬ思いも~、のくだりで、にやりとなる。

よからぬ思い、なのだ。
たとえば、金曜日の晩、夜も更けてきてから、これから飲みにいっちゃおうかな~とか。
すべてをほっぽりだして、どこかへ行っちゃう計画とか。

私は自分の“よからぬ思い”に思いをはせる。そんな解釈でいいですか、茨木さん。

寝る前に、布団にもぐって詩集を開き、にやにやしてる自分って。
by tomo_kodama | 2010-10-22 22:41 | 本を読む
<< 詩集を読む日々 「言の葉」 茨木のり子集 >>