人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
枇杷酒
晩ご飯も終わって台所も一通り片付けた後、ふと春に漬けた枇杷酒の味見をしてやろう、と思いついた。

瓶のふたをあけると、プシュっと一瞬ガス漏れ、次に”もわん~”といい香り。
明らかに、うまそうな香り。

いそいそとガラスのコップに氷を入れ、枇杷酒を注いで、いざお味見。

ああ、大変なことになっていた。非常にうまい、思った以上にうまい。
うまい、うまい、ああ、うまい と、ロックにした枇杷酒を一気に飲んでしまった。

それから今度は、ああ、しまったと思う。氷砂糖が入っているから、適度な甘みと枇杷の品のある香りでぐいぐいいってしまったけど、実態はホワイトリカーなのである。35度くらいあるアルコールなのだ。

案の条すぐにふわふわとなってきて、ただいま月曜の晩、まだ1週間が始まったばかりだというのに、酔っ払い。

今夜はもう沈没するしかない。
by tomo_kodama | 2010-08-23 22:19 | 食べる飲む
<< 元気はどこからわいてくるのだろう お江戸参り >>