人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
図書館で元気をもらう
借りていた本を返したいのと、お盆中に読むべき本がいくつか欲しいのとで、平日だけど帰宅してから図書館へ。

ソックスとズボンを脱ぎ捨て、リバティーのギャザースカートに履き替えて、お買い物かごに返却する本を詰めて、図書館まで5分足らず歩く
閉館までにはあと1時時間あるし、最新の“暮らしの手帳”を眺める余裕もあるだろう……と。

平日の夕方だからすいていて、大人の利用者がぱらぱら。
狭い図書館だけれど、チェックする棚は決まっている。
まず入ってすぐ、新刊や季節ごとのテーマに沿ってピックアップされてた本のコーナー -そこでたいてい1冊や2冊は読んでみたい本に出会う、そしてそのことにちょっと気をよくする- それから料理と洋裁などのコーナーを軽く眺め、好きな作家の小説・エッセイの棚へ。

本日最大のハッピーは、川上弘美さんのまだ読んでいない本が棚にあったことだ。早く読みたくてうずうずする。
それから、小川さんと、ここんところ集中的に読んでいる梨木香歩さんの本を1冊ずつ。

借りる本を決めたら、暮らしの手帳の時間。「ワンピースの女」という、ワンピースを着た女性とその女性に関する短い文章から構成された1ページ。それが、たぶん暮らしの手帳の中でもっとも好きなページなので、まずはそのページを探し……

そうこうしているうちに閉館の時間も近づいて、明日も仕事だし帰るとしますか、と家路につく。
いつのまにかちょっぴり元気になって。
by tomo_kodama | 2010-08-10 22:04 | その他
<< お江戸参り 酒屋さん >>