人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
ミミズ
西の角の「なんちゃって畑」を掘り返していた。ルッコラの種をまく前に土を整えようと思って。
スコップをさしては土をひっくり返していたその何回目かに、ミミズ。
「やった、ミミズだ!」
と、思わず声に出てしまった。
とうとう、この遊びの畑にもミミズが住み着いたのだ。それは土がよくなっている証拠。
うれしい。

しかし、あのミミズ、スコップで切断されてはいないだろうか。

仮に私がちょんぎってしまっても……、と考えながら頭の中ではトーベ・ヤンソンの“少女 ソフィアの夏”に収められている“ミミズの研究”を思い出していた。
『ミミズは、自分がまっぷたつにちぎれても、はなればなれになった両方ともが、一匹ずつのミミズに成長することを、よく知っています』
小さなソフィアがおばあさんに向かって話をする、このミミズの章が私はかなり好きだ。

暑くなってくると決まって“ソフィアの夏”が読みたくなる。

もう10年以上この季節にはなくてはならない1冊。
by tomo_kodama | 2010-06-05 21:00 | 庭仕事
<< クロのこと 「トリツカレ男」 いしいしんじ >>