人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
墨をする
思うところあって、家にある小さな硯で墨をすった。
まだ十分濃くない墨液で待ちきれずに文字を書く。
以外にも簡単に味のある文字が描けて、思わず紙一杯にあれやこれやと書いてみた。

文字を書く道具が割りに好きなほうだ。
くれ竹の筆ペンとか、ゼブラのSARSAなどが気に入り。
紙も好き。ざらざらしたわら半紙や、和紙。
それから、文字も好き。
マスターしたい書体は隷書という書体。とてもかっこいい書体だ、と思っている。
お手本にすべき本は母親と古本屋へ行ったときに買ってある。
今年こそは隷書の練習をしよう。(年が明けて、なかなか私はいろんなことに対してやる気になっている)

外国語の中にも書けるとすてきなのに、と思う文字がたくさんある。その多くがサンスクリット系の俗な言いかたをすればぐねぐねした文字達。
美しいな、と思う。

それからふと気がついたのだけれど、墨をする作業ってコーヒーの豆をひく作業に似ているということ。
by tomo_kodama | 2010-01-13 22:27 | その他
<< 魚の皮の服 35歳までにもう一度長旅を、と... >>