人気ブログランキング |
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
夜中のロウ描き~ニティック柄のその隙間
久々のロウ描き。ニティック柄の柄の間をロウでうめてゆく。やりだしたら止まらなくて、インドネシア滞在中、職人のおばちゃんに言われた言葉をあれこれと思い出しながら、どんどん進めた。

四角い点と線だけで描かれた Nitik と呼ばれる柄は、幾何学的だけれど、どこか有機的。そしてその点と線の間をせっせとロウでうめてゆく。それも、隙間なくきれいにうめてはいけない。あいまいじゃないと。
きっちりきれいにうめてしまったら、「かたいね」と言われることになる。
これ、ジャワのバティックの特徴だと思う。そのあいまいさ加減がむずかしく、おもしろい。

そんなことを考えなら汗をじっとりかきながら、ラジオもつけず扇風機も止めて夜中のロウ描き。

夜中のロウ描き~ニティック柄のその隙間_c0133854_0195464.jpg

by tomo_kodama | 2009-07-25 00:20 | バティック/もの作り
<< この大雨 野菜で出来ている私の体 >>