人気ブログランキング | 話題のタグを見る
バティック教室のサイトへ | ブログトップ
バティックとその周辺
「緑の天幕」 リュドミラ ウリツカヤ
ロシアの作家、リュドミラ ウリツカヤさんの作品に興味を持ったのと、ロシアのウクライナへの侵攻はほぼ同じ時期だ。

今回取り組んだのは700ページの長編。
ちょうど新幹線やら飛行機やらに乗る長距離移動の時期だったので、荷物が重くなるな、という思いが頭をよぎったものの、
読書を優先した。 (そう、本を持っていく代わりにパジャマは持っていかなかった!)

登場人物が多い。馴染みのない人名な上、人間関係によっては呼び方も変わる。
時代も行ったり来たりする。
多くの文学に詩に音楽。
世界史に疎い私は、ロシアの事情も分かっていない。
読みやすいか、と問われれば、私にとっては読みにくく、何度も前のページに戻ったり。
それなのに、というか、それゆえに、この本の世界にはどっぷりはまってまだ余韻に浸っている。
(移動の最中、電車を乗り越しそうになった事1回。間違った電車に乗ってしまった事1回。
だって頭はロシアに行っていたのだから。)

登場人物の内、何人もが悲惨な亡くなり方をして、ハッピーエンドで終わるわけでもない。
スターリンが死んだ1950年代から1996年までのソ連の市井の人々を淡々と描いた、そんな作品。
決して心が晴れやかになるような作品ではない。

それでも、もう一度読むなら、大きな紙に登場人物の相関関係を書きながら、
そして、登場する作家や音楽家などもメモを取りながら読むだろう。
そう思える。
今すぐに初めから読む元気はないけど、もしかしたら何年後かにメモを片手に再度本を開けるかもしれない。
長距離移動のあるときに。

「緑の天幕」 リュドミラ ウリツカヤ_c0133854_21491596.jpg



# by tomo_kodama | 2024-03-21 21:56 | 本を読む
“更紗に遊ぶ” 展示会のご案内

二人展のご案内

昨年に続き、和更紗を制作されている中野史朗さんとの二人展です。

場所:「きもの円居」にて

開催日:2023113日(金)~1112日(日)

時間:11001800

入場料:無料

場所:東京都中央区日本橋浜町2-5-1東洋浜町ビル3F 

定休日:火曜・水曜

私は3,4,5日に在店いたします。

3日、4日は更紗のお話会の企画もあります。両日共に14時~、定員6名。お申し込みは円居さん03-5623-9031へ直接お願いします。


さて、今回は、帯と帯上げを携えて上京します。

帯は新作の図案がいくつかあり、そのうち3つは“鳥”がモチーフ。鳥の図案が好きなんだと自覚しています。

帯揚げは、ジャワ更紗の帯に合うようにと思い染めました。

帯揚げって着用後の面積は小さいながらも、着物と帯をつなげる重要な役割を担っているいると思うのです。控え目に描いたバティックの模様も、

着てしまえばほとんど見えないんですけど、模様好きな私としては、ちょっとバティックの模様が入っていると、気持ちが上がる、と言いますか。

布好き、更紗好き、着物好きの皆様との出会いを楽しみしております。


“更紗に遊ぶ” 展示会のご案内_c0133854_17055666.jpg
円居さんのサイトはこちらどうぞ↓






# by tomo_kodama | 2023-10-21 17:07 | バティック/もの作り
「失われた色を求めて」吉岡 幸雄
京都の染司よしおかの5代目当主である吉岡幸雄先生による、染めの勉強会なるものがあったそうな。
わたしはその勉強会の存在すら知らず、知っていれば何としてでも参加しただろうと思うし、
勉強会に参加された先輩方のお話をちらりと伺うだけで、うらやましさがこみ上げくる。

「失われた色を求めて」を読みつつ、知らないこと、やってみたいこと、行きたいところなどを改めて整理する。
ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート美術館に通い続けた話や、
良いものを見るために労を惜しまなかった話などは、なるほどなぁと思うと同時に私もそうありたい、と思う。
思うだけじゃなくて、実行せねば、だ。

「失われた色を求めて」吉岡 幸雄_c0133854_16200451.jpg





# by tomo_kodama | 2023-10-10 16:07 | 本を読む
「途上の旅」若菜晃子
装丁も文章もイラストもすべて好き。
前作の、「街と山のあいだ」、「旅の断片」に続いて3冊目が発売されていると気が付いて、
早速入手した。
でも一気に読んではいけない。
勿体ないから少しずつしか読まない。
寝る前に少しだけ読んで、少し幸福な気持ちになって、少し自分自身の次の旅のことを考える。
そうゆう本。

「途上の旅」若菜晃子_c0133854_21144006.jpg


# by tomo_kodama | 2023-10-01 21:17 | 本を読む
「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ
先日、ミラン・クンデラさんが亡くなった。
おりしも数か月前に彼の代表作である「存在の耐えられない軽さ」を読んだばかり。

何というか、今まで読んだことがないタイプの小説でその展開に驚きつつ読み進める、という本だった。
物語の途中で、突然作者が出てきて“主人公がどうやって生まれたか”、を語りだすところなんて、
こちらの頭がついていかなくて、ちょっと前の方を読み返したりして。

分かりにくいようなところもあって、途中文字を追っているだけなんじゃないか、とさえ思いつつ、
でも辞められない。
それにだいたい、タイトルからしてちょっとわかりにくい。

だから少し時間を置いてもう1回読んでみたいし、だれかとこの本の事をしゃべりたい。

「存在の耐えられない軽さ」ミラン・クンデラ_c0133854_21393038.jpg

# by tomo_kodama | 2023-08-15 21:40 | 本を読む